FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は法治国家ではない

 筋弛緩剤事件の仙台高裁判決に関し、マスコミが口を閉ざしている。
 新聞での扱いも酷いものだ。それほど強大な権力からの圧力がかかっているのか。

 偏った見方を読者に押し付けるわけではないが、私個人は今までの情報を見る限り、守被告を文字通りのスケープゴートだろうと考えている。
 つまりこの事件は決して誤認逮捕などではなく、初めから守被告を
「真犯人の代わり」
として逮捕したということ。
「警察が間違えて逮捕してしまった」
 などと考えるのは、あまりにお人好し過ぎるということだ。
 警察も検察も、裁判官までもが一致団結して、証拠も何もないところから「守被告」という犯罪者を作り上げた可能性がある。
 ※あくまでも記事や今までの報道を観た、私個人の印象です
  
 だとするなら何故、警察や裁判所は守被告を生贄にしなければならなかったのか。
 その理由はよく言われているように、……(以降、真犯人として具体的な人物の名を出すことは問題あるのでカット)

 むろん資料は守被告の支援者側からの一方的な情報。この情報を安易に事実と考え、冤罪と決め付けてもいけないだろう。
 しかし可能性としては資料が事実であるとも考えられる。
 いや、印象としてこの事件が“冤罪ではないかと感じられる”。
 
 そして、冤罪という疑いが生じた時点で、刑法の裁判では必ず無罪にしなければならない。
「疑わしきは罰せず」 
 は厳格に守られなければならない法の原則である。
 
 重ねて書くが、「疑わしきは罰せず」という最低限の法が守られない裁判制度では、制度そのものがなきに等しい。
 
 これは日本が法治国家ではないということだ。

 法の欠けた国家は、国家とも呼ぶべきではないと私は考える。
 実際、このような国では一分一秒でも生きていることが危険なのだと、多くの人が感じるべきではないかと思う。


追加資料:

 ・「冤罪か?仙台北陵クリニック筋弛緩剤点滴混入事件」元司法試験受験生の考察 
 
 ・北陵クリニック事件のページ / 不当判決への抗議文(PDF)

コメント

コメント・トラックバックは承認後に表示されます。少々お待ちください。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。