FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも僕はやってない

 昨日は映画、『それでもボクはやってない』をご覧になったでしょうか。

 あれを観て、「自分も痴漢冤罪を受けないよう、電車に乗るときは気を付けよう」と思っている男性は多いと思います。

 でも、気を付けるべきは痴漢冤罪だけではない。

 あの映画の目的は、
「痴漢を疑われないように気を付けよう! 電車に乗るときには両手でつり革につかまりましょう!」
 なんていう男性限定のキャンペーンではなくて、もっと本質的な問題です。

 この日本の裁判の現状を明らかにし、全体の問題をあぶりだしているのです。


 映画では、痴漢冤罪でした。
 嘘でも犯行を認めたら罰金5万円で返してもらえる。
 有罪となったら懲役三ヶ月とのこと。

 もちろんこれもあってはならないことですし、許されざる国家の犯罪です。


 しかしさらに、殺人事件の冤罪ともなると、これだけでは済みません。

 脅迫され、苦しさに負けて犯行を認めたら無期懲役は確実。
 あるいは死刑。

 まったくやっていない罪を着せられて、
 人生を、命を、まるごと奪われるのです。


 何のために、誰のためにそのように犠牲にならなければならないのか?

 ――すべては裁判官や警察官たちの利益のために。
 彼らの、おマンマのためにです。


*****


 さて、

 『それでもボクはやってない』の周防正行監督は、なぜこのタイトルにしたのでしょうか。

 本当は描きたくても描けなかった話があるのではないか、と私は想像します。


 それはタイトルに篭められていたりするのではないか。


僕はやってない!―仙台筋弛緩剤点滴混入事件守大助勾留日記
守 大助 阿部 泰雄

僕はやってない!―仙台筋弛緩剤点滴混入事件守大助勾留日記

by G-Tools


 この本のタイトルは、以前、「それでも僕はやってない」だったと思うのですが気のせいでしたか?(※記憶違いだったようです、すいません)

 周防監督の映画タイトルを聞いた時、はじめ、この事件を扱ってくれたものだと思っていた。
 でも違った。
 守大助著の、本のタイトルまでいつの間にか変わっている。
 有名な映画タイトルにかけて検索されないように、とのことでしょうか。

 ただ、周防監督の気持ちをイメージしたのです。

 ほんとうはこの事件にも触れてみたかった。
 だけど事実上の検閲にひっかかってしまうから、せめてタイトルだけにメッセージを篭めたものかもしれない。(私の個人的な憶測。単なる偶然かもしれませんね)


 

 2008年2月25日、守大助被告の最高裁への上告は棄却されました。

 この不当決定について、マスコミはテレビでほとんど報道しない。

 新聞やネットニュースでの報道も控えめです。


 マスコミに圧力がかかっていることは明らかです。

 世間の人たちに騒がれては困るからです。

 司法は世間の目から隠れ、不都合な行為をやりぬこうとしている。



 このまま、国家による犯罪行為を見逃してはなりません。


 どうか見て知ってください。


 





追記:

冤罪の裏でさらに許せないのは、真犯人がのうのうと逃れ生きていくことだ。
被害者の方も、本当にやった人を処罰して欲しいと思わないものか?
自分の憎しみを解消する相手がいれば、無実の人でも誰でも良いと言うのか。
誰でもいいから生贄が死んでくれたら納得するのか?
 ……それでいいのか。
私だったら、何の罪もない家族が殺されたうえ、さらに無実の人が逮捕されて殺されることこそ耐えられない。被害者ばかり増え、自分と同じ苦しみを他の家族も味わう。そして実際にやった奴が、のうのうと生きていく。
こんなことは、もとの犯罪以上に許せない。

近年、冤罪が量産されるいっぽうで、真の凶悪犯には吊り合わない甘い判決も大量放出されている。
何もやっていない人たちばかり苦しみ、他人を苦しめる人間たちは自由に生きてせせら笑う。
何をやっているんだこの国の司法は。
これは国民に対する嫌がらせではないかと思うことがある。
裁判官たちは何の罪もない人たちを苦しめて喜ぶ趣味があるのかもしれない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。